盛岡の薬剤師の求人の探し方

今回は、盛岡での薬剤師の求人の探し方について紹介していきます。一口に薬剤師の求人と言っても、多様な働き方があります。薬剤師資格を持っていれば、もちろん薬局や病院で働くことも可能ですし、企業で管理薬剤師として働くこともできます。

そこでここでは、職種・雇用形態別にそれぞれについての求人の探し方について紹介していきます。

北九州の薬剤師の求人


薬局(病院)薬剤師正社員の場合

薬剤師、と聞いて薬局薬剤師を思い浮かべる方も多いかと思います。白衣を着て颯爽と仕事をしているイメージもある薬局での業務ですが、実際には肉体労働の側面もあります。混んでいる病院の近くの薬局は、ほとんど昼ごはんも取れずに立ちっぱなしで仕事をし続けるなんてこともあります。

特に正社員ともなると、薬局の閉店時間まで仕事をすることが求められる会社もありますので、そういった点では意外とハードな仕事ではあります。特に病院では、病棟業務などで副作用が重い薬を扱うこともありますので、責任感を持って仕事をすることも求められます。

ただし、患者さんに服薬指導をし、感謝の言葉を頂けることもあり、この仕事のやりがいを感じる部分です。求人の探し方は、主に二種類あります。一つ目は、自分で求人を探す方法です。盛岡では、薬剤師募集の張り紙をしている薬局も多くありますし、電話をすると面接を受け入れてくれる薬局も多くあります。

この方法は、自分で行きたい薬局に応募できることがメリットですが、条件面の交渉などでもめた時に仲介者がいないというデメリットも存在します。二つ目は、エージェントに依頼する方法です。こちらの方法は、エージェントに自分の条件を伝え、その条件に合った求人を探してもらう方法です。

この方法のメリットはエージェントがいることで条件交渉がしやすいことなどが挙げられます。デメリットは、自分が行きたいと思う求人がない可能性があることです。エージェントごとに持っている求人も違うので、複数エージェントに登録すると自分に合った求人を見つけられる可能性が広まります。

薬局(病院)薬剤師パートの場合

パートを探す場合も、主に上記の二つの方法で探すことになります。薬剤師のパートは、他の職業よりも平均時給が高い傾向があります。そのため、子育て世代の方も効率よく働くことができます。薬局でパートを探す際は、柔軟な働き方ができるどうかが重要なポイントとなります。

パートでも、結果的に残業をせざるを得ないほど忙しい店舗もありますので、その点はしっかり確認するようにしましょう。また、盛岡の薬局は駅や繁華街などから遠く、車での通勤の方が便利な店舗もあります。郊外にある店舗は時給が高く、比較的ゆっくりした働き方ができることも多いので、車が運転できる方は、郊外の店舗も視野に入れて検討してみると良いでしょう。

薬局(病院)薬剤師派遣社員の場合

派遣社員として働く場合は、派遣会社に登録した後に働くこととなります。派遣社員は、ある程度薬局での薬剤師経験を求められる場合もあります。その分、パート社員より時給が高い傾向がありますので、今までに薬局での勤務経験があり、たくさん稼ぎたいという方は、チャレンジしてみると良いでしょう。

企業薬剤師正社員の場合

企業薬剤師は、薬剤師と言っても服薬指導をする機会はほとんどなく、お客様や社員からの薬に関する質問に答えたり、申請用の書類作成などがメインの仕事となります。会社によっては、薬剤師としての仕事は求めていないけれど、薬剤師資格を置いておく義務があるから求人を出す、という場合もあありますので、がっつり服薬指導をしたいわけではなく、事務の作業などもしながらデスクワークをしたいという人にはぴったりの仕事です。

企業薬剤師の中でも主に管理薬剤師と薬剤師学術職の二つがあります。管理薬剤師は、どちらかというと資料作成などの事務的な仕事を求められることが多く、学術職は専門家から薬に関する質問がくることも多くあり、薬局薬剤師以上に知識が必要な場合もあります。

企業薬剤師の求人の探し方は、基本的にはエージェントに依頼することになります。なぜなら、企業薬剤師の求人は一般的に出回っていないことが多く、エージェントを通して求人を手に入れるのが一番効率的だからです。また、盛岡での企業薬剤師の求人は多くはないため、必然的に一つの求人に多くの人が集まりやすいです。

そのため、次の段落で述べるように、正社員のみにこだわらず探した方が企業に就職しやすいと言えます。


企業薬剤師契約社員や派遣社員の場合

契約社員や派遣社員は、契約期間しか働けないというイメージの方もいるかもしれません。しかし、契約社員として働いてから5年経つと無期限契約になれる可能性があり、派遣社員は働いてから3年経つと正社員になれる可能性があります。

そのため、最初から、5年間(又は3年間)経った後に正社員や無期限契約に昇格させようと考えている雇用主も多く存在するのです。

企業で正社員になるのは難しいという場合でも、契約社員や派遣社員は就職できる場合もあると思います。正社員だけでなく契約や派遣といった働き方も視野に入れると、今まで企業で働いた経験が無くとも、企業薬剤師に就職できる可能性は充分にあります。

【番外編】MRの求人

MRとは、医薬品販売の営業をする職業です。この仕事は、薬剤師資格が無くても働くことが可能であり、資格が無くとも活躍されている方も数多くいます。しかし、裏を返すと、資格を持っているということがとても有利に働く職業でもあります。

なぜなら、MRは医薬品の販売をするわけですから、医薬品に関する深い知識が必要となります。異業種、異業界から来た人は一から医薬品について学ぶ必要があるわけですが、薬剤師資格を持っている人はすで知識あるので、営業スキルを磨くことにに集中することができます。

営業成績によって、高収入を目指しやすい職業でもあります。MRの求人は、企業薬剤師と同じように、主にエージェントに依頼することとなります。MRを希望する場合は、その旨を最初にエージェントに伝えておきましょう。

まとめ

ここでは薬剤師の職種別の探し方について紹介してきました。薬剤師と聞くと薬局薬剤師を思い浮かべがちですが、その他にも多様な働き方があることが分かって頂けたかと思います。仕事を選ぶときは、プライベートや子育てとの両立ができるかどうかも大切なポイントとなりますので、最初は一つに絞らず、様々な職種を検討してみると良いでしょう。

この記事が皆さんの良い職場選びの一助となると幸いです。

関連リンク:APOPLUS 薬剤師 … 薬剤師求人情報http://www.apo-mjob.com/